労働問題 労災申請支援 醜状障害の労災認定

醜状障害

① 醜状障害の後遺障害

醜状障害とは、瘢痕や組織陥没などが身体に残った状態のことをいいます。

外貌の醜状障害(頭部、顔面、頸部)
後遺障害等級 障害の程度
7級12号 外貌に著しい醜状を残すもの
9級16号 外貌に相当程度の醜状を残すもの
12級14号 外貌に醜状を残すもの

「著しい醜状を残すもの」とは、原則として、次のいずれかに該当する場合で、人目につく程度以上のものをいいます。

  • 1. 頭部にあっては、てのひら大(指の部分は含まない)以上の瘢痕または頭蓋骨のてのひら大以上の欠損
  • 2. 顔面部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕または10円銅貨大以上の組織陥没
  • 3. 頸部にあっては、てのひら大以上の瘢痕

「相当程度の醜状を残すもの」とは、原則として、顔面部の長さ5センチメートル以上の線状痕で、人目につく程度以上のものをいいます。

「醜状を残すもの」とは、原則として、次のいずれかに該当する場合で、人目につく程度以上のものをいいます。

  • 1. 頭部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕または頭蓋骨の鶏卵大面以上の欠損
  • 2. 顔面部にあっては、10円銅貨大以上の瘢痕または長さ3センチメートル以上の線状痕
  • 3. 頸部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕
上肢・下肢の露出面の醜状障害
後遺障害等級 障害の程度
14級4号 上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
14級5号 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
② 醜状障害と美容整形手術(症状固定時期)について

美容整形手術代は、労災から支払ってもらうことはできるのでしょうか?自然治癒でどこまで治ったのかではなく、美容整形手術をした後に瘢痕や線状痕の長さを測り、後遺障害認定を受けることになるのでしょうか?

この点について、労災保険上の治癒(症状固定)とは、疼痛などの症状が残っていてもその症状が安定しており、治癒の効果が期待できず療養の余地がなくなった場合をいうとされています。

そして、負傷の場合は、創面が癒着し、その症状が安定し、医療効果が期待し得なくなった時とされています。

すなわち、美容整形手術を受ける前に症状固定となり、ほとんどのケースではその段階の傷の状況で後遺障害認定の判断を受けることになると思われます。

しかし、労災給付上は治癒とみなされたとしても、労災保険法29条「社会復帰促進事業」に規定されている「外科後処置」に該当すれば、治癒後でも手術費用が支出されます。

処置には、負傷によって負った傷を消すための美容整形手術も含まれますが、これを受けるための要件としては、①労災保険の障害補償給付を受けたこと、②外科後処置により醜状を軽減する見込みがあること、となっております。本人の今後の社会復帰に与える影響等を考慮して美容整形手術代を支払ってもらうことができる場合もあるといえます。

ページ上部へ戻る

初回法律相談30分無料 電話で予約 092-406-3000

初回法律相談30分無料 メールで予約

弁護士法律相談コラム