労働問題 労災申請支援 過労死の労災認定

過労死の労災認定

脳・心臓疾患(脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、心筋梗塞等)の労災認定

平成13年12月12日基発1063号 通達

以下の認定要件①、②、③のいずれかにあたるかを検討し、「業務による明らかな過重負荷」があるかどうか、そして労災認定できるかどうかを判断します。

<認定要件①>
発症直前から前日までの間において、発生状態を時間的及び場所的に明確にできる異常な出来事に遭遇したこと
<認定要件②>
発症に近接した時期(発症前おおむね1週間)において、特に過重な業務に従事したこと(短期間の過重業務)
<認定要件③>
発症前の長期間(おおむね6か月間)にわたって、著しい疲労の蓄積をもたらす特に過重な業務(1か月80時間を超える時間外労働が目安とされています)に従事したこと(長期間の過重業務)

脳・心臓疾患の業務起因性の判断のフローチャートはこちら

※以下、厚生労働省『脳・心臓疾患の労災認定 -「過労死」と労災保険-』より転載。

労災認定要件1
労災認定要件2
労災認定要件3
フローチャート

ページ上部へ戻る

初回法律相談30分無料 電話で予約 092-406-3000

初回法律相談30分無料 メールで予約

弁護士法律相談コラム