離婚相談 慰謝料請求

離婚に伴う慰謝料請求について

どのような場合に離婚に伴って配偶者に対して慰謝料請求をすることができるでしょうか?

慰謝料とは、離婚による精神的苦痛に対して支払われるお金のことです。

離婚することになった原因を作った配偶者に対して、他方の配偶者が慰謝料の請求をすることができます。慰謝料は、離婚の際に必ず支払われるものではありません。どちらかが一方的に悪いわけではない場合には、慰謝料請求はできません。また、原則として離婚が成立してから3年を経過してしまうと、時効により慰謝料を請求できなくなってしまいます。

離婚慰謝料の額(いくらくらいが相場でしょうか)

慰謝料の金額はさまざまな事情を考慮して決定されます。
 ・離婚の原因となった行為(相手方の有責性の態様)
 ・精神的苦痛の程度
 ・結婚していた期間の長さ
 ・相手方の収入
 ・未成熟の子の有無
等により大きく異なります。

裁判上の慰謝料は、100万円から300万円が相場と言えますが、大きく上回ることも下回ることもあります。慰謝料がいくらになるのかは、裁判所に納得してもらえるような主張ができるかどうかが重要になってきますので、専門家である弁護士に相談するのが得策です。

配偶者と不倫した相手方に対する慰謝料請求について

あなたの配偶者が不倫した場合、あなたは配偶者の不倫相手に対して慰謝料請求をすることができます。

不倫相手があなたたち夫婦が結婚していることを本当に知らなかったのであれば別ですが、そうでなければあなたの配偶者と不倫相手とは、共同不法行為者として、あなたに対し連帯して損害賠償をする義務を負うことになるのです。

この場合の慰謝料の金額ですが、
 ・不倫によって離婚に至ったか
 ・不倫の頻度、期間
 ・不倫が始まった経緯
 ・婚姻期間
 ・相手方の収入
等様々な要素を考慮して決定されることになります。

ページ上部へ戻る

初回法律相談30分無料 電話で予約 092-406-3000

初回法律相談30分無料 メールで予約

弁護士法律相談コラム