刑事事件 強姦罪について(性犯罪)

強姦罪

強姦罪とは
刑法177条

「暴行又は脅迫を用いて十三歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、三年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の女子を姦淫した者も、同様とする」

刑法|電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ より

強姦罪は、暴行または脅迫を用いて、無理やり女性と性交渉することです。男性にしか成立しない犯罪となっています。

強姦罪の周辺の犯罪
【準強姦罪】
刑法178条2項

「女子の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、姦淫した者は、前条の例による。」

刑法|電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ より

準強姦罪は、心神喪失又は抗拒不能となった女性を姦淫した場合に成立します。

例えば、睡眠薬や飲酒により相当酩酊していた状態で抵抗できない女性を姦淫した場合等がこれにあたります。

強姦罪の成立を争う場合

強姦罪の成立が争われる場合というのは、多くの場合、女性が同意したうえで性交渉をしたのか、それとも同意がないにもかかわらず性交渉を強いられたのか、という点が問題になります。

被告人側として、女性の同意があったと主張する場合、それまでの交際状況、性交の前後の行動等をメールや関係者の証言から立証していくことになります。

強姦罪は親告罪

ご存知の方も多いかもしれませんが、強姦罪は親告罪という犯罪類型です。

すなわち、強姦がなされたことが明らかであっても、被害者が「告訴」をしないと被告人を刑事裁判にかけることができないのです。

やはり、強姦の被害者としては、刑事裁判手続において、その辛い体験を詳細に認定されること自体を望まない場合もあり、その意思に反してまで刑事責任を問うことはしないという制度になっているのです。

ですので、仮に強姦の被害者と示談して告訴を取り下げてもらうことができれば、起訴されることはないということになります。

強姦罪の量刑傾向について

近年、強姦罪については厳罰化の傾向が指摘されています。

従前は強姦罪の量刑が軽すぎるとの批判がありましたが、実際に社会の量刑に対する意識を反映してか、近年は強姦罪に対して厳しい刑罰が下される傾向にあります。

ページ上部へ戻る

初回法律相談30分無料 電話で予約 092-406-3000

初回法律相談30分無料 メールで予約

弁護士法律相談コラム