営業秘密保護・知的財産 特殊な意匠

特殊な意匠

意匠には、一つの物品ごとに一つの意匠登録をしなければならないなど、いろいろな原則があります。

しかし、つねにこの原則をつらぬくとすると、権利の保護として不十分と考えられる場合や、手続が煩雑になる場合などがあります。

そこで意匠法では、以下のような特殊な意匠についての規定が設けられました。

部分意匠
2条
この法律で「意匠」とは、物品(物品の部分を含む。第八条を除き、以下同じ。)の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるものをいう。

以前は、物品全体に対して一つの意匠権が付与されていました。

そのため、一つの物品に独創的で特徴のある部分が複数ある場合でも、全体として一つの意匠権しか認められなかったのです。

そうなると、ある意匠に特徴的な部分が複数ある場合、それらの一部を模倣しても、全体をみれば模倣とはいえないときは、意匠権の侵害にはあたらないということになってしまいます。

そこで、平成10年の意匠法の改正により、「物品」には部分も含まれることとしたのです。

画像を含む意匠
2条2項
前項において、物品の部分の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合には、物品の操作(当該物品がその機能を発揮できる状態にするために行われるものに限る。)の用に供される画像であって、当該物品又はこれと一体として用いられる物品に表示されるものが含まれるものとする。

従前、画面デザインについては、それがなければ物品自体が成り立たないもの(デジタル時計の表示部など)や、危機の初期動作に不可欠なもの(携帯電話の初期画面など)といった限定的なものだけが保護されていました。

しかし、家電などのデジタル化が進むにつれて、液晶などの表示部に表示される画面デザイン(操作画面など)を保護する必要が高まりました。

そこで、平成18年の意匠法の改正によって、画面デザインの意匠登録の要件が緩和され、物品が機能を発揮できる状態にするための操作に使用される画像が保護されるようになったのです。

物品と一体として用いられる物品に表示されるものとは、ディスクレコーダーと接続したテレビにディスクレコーダーの操作画面が表示されるような場合をいいます。

また、以前は、意匠審査基準で「物品にあらかじめ記録された画像」という要件がありましたが、平成28年の改定によって、「その物品に記録された画像(当該物品が有する機能に係るアップデート画像を含む)」という要件に改められました。

これによって、最初から物品に記録された画像に限らず、後日アップデートされて記録された画像も保護の対象になったのです。

動的意匠
6条4項
意匠に係る物品の形状、模様又は色彩がその物品の有する機能に基づいて変化する場合において、その変化の前後にわたるその物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合について意匠登録を受けようとするときは、その旨及びその物品の当該機能の説明を願書に記載しなければならない。

意匠登録は、物品ごとにするのが原則です(一意匠一出願。意匠法7条)

しかし、物品の中には、物品の機能として形状等が変化するものもあります。

たとえば、自動車や飛行機に変形するロボットのおもちゃや、ふたを開けると中から人形が飛び出すびっくり箱、冷蔵庫の扉の開閉などです。

これらの形状等の変化について、変化前のデザインと変化後のデザインの双方を意匠登録する必要があるとすると、手続が非常に煩雑になってしまいます。

そこで、形状等が変化するものについて一つの意匠登録ができるようにしたのが、動的意匠です。

組物の意匠
8条
同時に使用される二以上の物品であって経済産業省令で定めるもの(以下「組物」という。)を構成する物品に係る意匠は、組物全体として統一があるときは、一意匠として出願をし、意匠登録を受けることができる。

意匠登録は物品ごとにするのが原則ですが、ディナーセットのように、複数の構成物品のまとまりによってより大きな意匠効果を発揮するものもあります。

そこで、全体として統一感がある組物については、組物全体で一つの意匠権を与えることにしたのです。

意匠法施行規則8条別表第二は、一組の下着セット、一組のカフスボタン及びネクタイ止めセットなど、56種の組物を定めています。

組物全体に一つの意匠権が与えられるため、意匠登録の要件を満たすかどうかも組物全体として審査されます。

したがって、組物を構成する構成物品の一つ一つが意匠登録の要件を満たす必要はありません。

また、組物全体に一つの意匠権が与えられることから、組物を構成する構成物品の一部を模倣しても意匠権の侵害にはなりません。

関連意匠
第10条
意匠登録出願人は、自己の意匠登録出願に係る意匠又は自己の登録意匠のうちから選択した一の意匠(以下「本意匠」という。)に類似する意匠(以下「関連意匠」という。)については、当該関連意匠の意匠登録出願の日(略)がその本意匠の意匠登録出願の日以後であって、第20条第3項の規定によりその本意匠の意匠登録出願が掲載された意匠公報(同条第4項の規定により同条第3項第4号に掲げる事項が掲載されたものを除く。)の発行の日前である場合に限り、第9条第1項又は第2項の規定にかかわらず、意匠登録を受けることができる。

同一又は類似の意匠について二以上の意匠登録出願があった場合について、意匠法は次のように定めています(9条1項、2項)。

・異なった日にあった場合 最先の出願人だけが意匠登録を受ける

・同じ日にあった場合  意匠登録出願人の協議で定めた一人の意匠登録出願人のみ意匠登録を受ける。協議が成立せず、又は協議をすることができないときは、いずれも意匠登録を受けることができない

関連意匠はこの規定の例外で、本意匠が掲載される意匠公報の発行の前日までに本意匠と同一の出願人が類似の意匠の出願をした場合に、意匠登録を認めています。

一つのデザイン・コンセプトから複数のバリエーションが創作されることが多いという実態から、本意匠のバリエーションも保護の対象としたのです。

秘密意匠
14条
意匠登録出願人は、意匠権の設定の登録の日から3年以内の期間を指定して、その期間その意匠を秘密にすることを請求することができる。

意匠権の登録があったときは、意匠権者の氏名・住所、意匠登録出願の番号・年月日、登録番号・設定の登録の年月日だけでなく、願書・願書に添付した図面、写真、ひな形又は見本の内容などを公報に掲載されます(20条3項)。

しかし、意匠には、流行に左右されやすく、模倣が容易であるという特徴があります。

意匠公報に意匠の内容が掲載されると、その意匠にかかる物品が販売される前に模倣されるおそれなどがあるため、意匠の内容を秘密にしたいという要請があります。

他方で、意匠は外観であるため、発明と違って積み重ねによる進歩が少なく、秘密にしても弊害はないと考えられます。

そこで、一定期間、意匠の内容を秘密にする請求をすることができることにしたのです。

秘密意匠については、意匠公報に意匠権者の氏名・住所、意匠登録出願の番号・年月日、登録番号・設定の登録の年月日のみが掲載され、願書や添付図面等は掲載されません(20条4項)。

ページ上部へ戻る

初回法律相談30分無料 電話で予約 092-406-3000

初回法律相談30分無料 メールで予約

弁護士法律相談コラム

弁護士が教える債権回収のすべて