弁護士法律相談コラム

クレジット契約の名義貸しをした者の責任を一定の場合に否定した最高裁判例(平成29年2月21日 最高裁第三小法廷判決)

判例解説
はじめに これまでの裁判実務においては、クレジット契約をする際に、実際には商品等を購入していないにもかかわらず、購入したかのように装った者は、法的責任追及を免れないというのが通説的な理解であったと思...

続きを読む